ベビーマッサージ〜準備中〜

  ベビーマッサージとは  

 

日本のベビーマッサージは、江戸時代までは「小児あんま」と呼ばれるベビーマッサージが各家庭で日常的に行われていました。今のベビーマッサージとはやり方が違いますが、その頃からタッチケアの必要性を実感していたんだと思います。

 

 ベビーマッサージのメリット  

・親子の絆を深める

 (最高のスキンシップであり、絆を深めるための最高のコミュニケーションの手段)

・親のストレスを軽減する

(幸せホルモンの分泌で、心も癒され育児ノイローゼや産後うつを防いでくれる)

・赤ちゃんの体重が増加する

(食物吸収ホルモンの生成を促され、体重が増加か説明される)

・赤ちゃんの消化機能をよくする

(ベビーマッサージをすることにより、胃腸の働きが活発になり消化吸収が高まる)

・赤ちゃんの寝入りがよく、目覚めもよくなる

(ベビーマッサージをすることにより、睡眠ホルモンが分泌される)

・赤ちゃんのストレスを減らし、リラックスを促進する

 (ストレスホルモンを減らし、幸せホルモンの分泌でリラックスする)

・赤ちゃんの脳と神経の成長を促す

(皮膚への刺激を通して、脳や神経にはたらきかける事で成長を促す)

・赤ちゃんの皮膚を丈夫にする

 (適度な皮膚刺激で、赤ちゃんの皮膚を丈夫にする)

・赤ちゃんの病気などに対する免疫力を高める

(リンパを刺激することによって、リンパ液の流れを良くし免疫力が高まる)

・赤ちゃんの呼吸を深める

(リラックスすることで、深い呼吸ができるようになる)